在宅療養支援診療所とは

24時間体制で医師の往診または訪問看護ステーションからの訪問看護を提供できる体制をとり、   患者さんの急変時には連携病院に緊急入院を依頼できる体制をとれる診療所です。

どのような患者さんが適応になりますか

寝たきりなどで通院が困難な方が対象になります。 :
  • 慢性の病気(循環器・呼吸器・消化器・神経疾患など)
  • 骨・関節の病気
  • 認知症、脳梗塞・脳出血後遺症
  • 老衰
  • 末期がん
  • 下記のような処置を必要とする方も可能です。 :
  • 在宅酸素吸入
  • 胃ろう・経鼻栄養チューブ
  • 点滴注射
  • 気管切開チューブ
  • 褥創

どのような診療をするのですか

2週間に1度訪問診療をおこないます。
そのほか病状に応じて連絡していただいた際に往診や助言をいたします。
病状が急変し、入院治療が必要な場合には、連携先の病院や希望の病院に紹介いたします。

費用はどのくらいかかりますか

1割負担の方で、月におよそ6000円から上限12000円です。
(行った検査や処置により異なります。内服の薬剤費は別途必要です)
重障老人健康管理事業対象者証や特定疾患医療受給者票をお持ちの方は免除される場合があります。